住宅ローンのメリット

住宅ローンは、多くの人がマイホームを買う際に使っています。一番の住宅ローンのメリットは、自分の収入に応じた返済を行いつつマイホームで暮らすことが可能であることです。しかしながら、利息分で金融機関へ払うものを考慮すると、デメリットとして物件の価格よりも高いお金を最終的には支払う必要があるということもがあります。

では、一括購入と住宅ローンを比較すると、それぞれメリットやデメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか?一括でマイホームを買う一番のメリットは、やはりローンの手数料や利息が不要であるということです。現在はローン金利が非常に低いレベルになっていますが、30年などの返済期間が長期になると相当の返済総額になるため、これは大きなメリットになります。さらに、ローンを組まないので、保証料、生命保険料なども全く不要になります。また、住宅ローンを使う場合には、一定の審査が必ず必要になりますが、一括購入の場合は審査が不要になるため、信用を金融機関からの得にくいような仕事をしていてもマイホームを買うことができます。

これ以外には、ローンを返済している途中で急に病気などになって、返済が不可能になるなどの心配がないこともメリットです。しかしながら、一括購入の場合、当然ですが住宅ローンの控除はありません。その分、住宅ローンを使わないでマイホームを買った場合、一定の性能を満足するものの場合には減税措置が適用される場合もあるため確認してみましょう。

本サイトでは、住宅の一括購入、中古住宅の購入の場合の一括購入と住宅ローンを比較、住宅ローンで保険料が節約できる、ことについてご紹介しています。